lisanhaのPansee Sauvage

野生の思考

東京新聞のプロパガンダ記事「あの人に迫る」を読む1

今日からは、記事を細かく見ていければと思います。

 

f:id:lisanha1234:20200530203936p:plain

 

イソ子の導入から

性暴力の被害にあったことを三年前に公表したジャーナリスト伊藤詩織さん(三一)の行動は、日本の「#MeToo」運動の先駆けとなった。

 

☞一方的に被害を公表した。偉いんか?言ったもん勝ちか?

☞ジャーナリスト。いつから?これで有名になったから名乗れるんじゃないの?しかも作品はすべて男にやらせてる。

☞逆でしょ?日本で「#MeToo運動」したい具ロバ勢力が、体よくアイコンにしたんでしょ?

 

でもさ、ハリウッドのレッドカーペットは踏めなかったよね?

ねぇなんで?教えて?

 

 

その後、多くの女性たちが声を上げるようになり、性暴力に対する社会の意識は変わり始めた。

 

☞多くの女性?例えば?

☞性暴力に対する意識は変わり始めた?どのように?

 

準強姦容疑で伊藤さんに刑事告訴された山口敬之・元TBSワシントン支局長(五四)は不起訴となったが、民事訴訟では昨年一二月に伊藤さんの主張が全面的に認められた。

                            望月衣塑子

 

 不起訴となって4年、検察審査会の不起訴相当からも既に3年近くたっているのに

この東京新聞というのは、いまだ山口氏を容疑者扱いを許す倫理規定ですか?

 

民事訴訟で、主張が全面的に認められた?

え?

準強姦なんて認められてませんよ?

ただ「同意がなかった」だけが認められてるんですけど?

しかも訴額の3割です。

 

社会部の記者なのに、裁判の基礎も分かってないし、

不起訴が確定した人物を実名で報道するなんて、東京新聞って

どんな倫理を教えてるんですか?